<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.01 Friday  | - | - | 

尺乱共

しばらく前に遡るが、
2月19日にkikuさんが所属する「シャクランドモ」のライヴを観に行ってきた。


以前に観に行った時、まだ結成して間もない頃だったが、既に「完成」を感じた。
しかし、久しぶりに観た今回。驚愕した。
「もうお腹いっぱい」
と思っていたのに、さらにさらに「進化」していたのだ!!
勘弁して下さい(笑)


彼らは、間違いなく技術的にもトッププレーヤーだろう。楽器については細かい事はよくわからんが。
でも、何よりも彼らは一人一人が「プレーヤー」というより、むしろ「アーティスト」なのである。
彼らはステージ上でメンバー同士闘っている。
本番なのに(笑)基本アドリブらしい(笑)

アドリブであっても、それを瞬時に受け取って料理しあう。
連携と感性がハンパないのだ。
曲中にこれほどワクワクするバンドは、プロを含めても他に思いつかない。少なくとも俺が知っている中では。
ギターボーカルのこまさんなんかはもう、完全に
「本番のステージ上で遊んでいる」
間違いない。
一挙一動がネタの宝庫である。面白い。
ここで言う面白いは「funny」もあるが、主に「interesting」。

本番でのこれくらいの余裕を見習いたいものだ。


唯一、路線がマニアックな点が…
と思っていたが、そこもまた進化!!
かなり聴きやすくもなっていた。
特にラスト「日和見の心」 では、CMなどにタイアップされているような風景(?)が浮かんできた。

あっという間に終わってしまった。もう1時間くらい観ていたかった。

次のライヴは6月だという。ずいぶん先だ・・・
それまで観れないのが残念…。


勢い余って打ち上げにも参加してきた。
kikuさん、こまさん以外は、あまりゆっくり話をした事がなかったけれど、皆さん自他共に認める変態さん達で、ソコに俺が組み込まれて、ホント「類は友を呼ぶ」んだなぁと思った。うん。

そんな化け物アーティスト集団「シャクランドモ」の鍵盤(主にアコーディオン)奏者のkikuさんに、現在Mass-banの楽曲、
「そのまま」でいい
のアレンジを依頼中。
どんなモノが飛び出してくるのか、蓋を開けるのが今から楽しみだ♪


Mass-banオフィシャルサイトへ(携帯可)
2007.03.06 Tuesday 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 

時間の大切さと限りあるという事

 先日、大学時代の大切な友人が亡くなってしまい、本日葬儀に参列して来た。滞る事なく無事に見送る事ができたが、正直まだ彼が居なくなってしまった実感がわかない。

 彼は10ヶ月もの間病と闘ってきた。ひと月ほど前に見舞いに行った時には、彼は昔からと何も変わらず、とても元気に俺と、一緒に来た友人のくだらない話に的確なツッコミを入れてくれていた。その時近く手術があると話もしていた。正直「ああこれできっと、いよいよ治るんだ!」と信じて疑っていなかった為、突然の訃報には耳を疑わざるを得ず、最期のお別れをした後もまだ、わけのわからない状態である。

 あぁもっとたくさん会いに行ければ…、あの時一緒に遊びに行きたかった…、ああしていれば…こうしていれば…。後悔をするとキリがなく、そうやって悩む一方であるのも、彼の望む事ではないであろう。

 では、俺に…俺たちにできる事ってなんだろうか?
 「祈る事」
 「忘れない事」
 そして「日々の時間を…人生を大事にする事」
 ではないであろうか?と思う。残された時間が、まだ俺たちにはあるから。この時間を強く欲しがっていた彼がいる。無駄にはできない。必要以上に、いたずらにただ過ぎる時間を過ごす前に、俺たちはそれぞれのやるべき事をやろう!貴重な時間がまだ、俺たちにはあるじゃないか!?寄り道せずに真っ直ぐに!全力で夢に向かおう!全力で楽しもう!全力で生きよう!時間を欲した彼に怒られないように、有意義な時間を、人生を過ごそうではないか!!

 彼は俺に、「時間の大切さと限りあるという事」を教えてくれた。この教えを胸に色々な意味で大物になった俺が、彼の墓前でそれを報告する事が、俺にできる…いや、やらなければならない彼への手向けだと考える。

 見てろよ!?そしてありがとう。お疲れ様…。
2004.12.08 Wednesday 23:58 | comments(1) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |